バナー

歯医者のマイクロスコープのメリット

マイクロスコープとは、手術などで使われる顕微鏡のことであり、患部を最大で30倍まで拡大して見ることが出来るものです。
それまでの一般的な歯科治療は、レントゲンと肉眼で診察し、歯医者の経験や指先の感覚や勘だけで治療するので、それらによって治療結果も大きく左右されていました。

マイクロスコープは最初は眼科の手術で使用され始めましたが、1980年ごろから歯医者でも使われるようになりました。

マイクロスコープの一番のメリットは、安全で確実であることです。

肉眼では確認できない箇所もはっきりと明るく見えるので、見逃しやミスのリスクを減らして、正確に診断して安全で確実な治療を行えます。

T-SITEの情報も多数ご用意しました。

その他にも様々なメリットがあります。

正確に診断できて余計な箇所まで治療することが無いので、治療箇所を最小限に留めることが出来て、患者さんの身体的な負担を減らすことにも繋がります。



また、医師の負担を軽減させることにも繋がります。

医師も無理な姿勢で口腔内を診察する必要が無いので、疲労も軽減させることが出来て、それが結果的には治療精度を向上させることにもなります。そして、治療の可能性も広がります。これまで確認できなかった細かな部分まで確認できるようになったので、治療が困難とされていたような治療も可能になりました。



このように、マイクロスコープには様々なメリットが存在するので、マイクロスコープが用いられるようになったことで、歯医者の治療は大きく変わったのです。